1% for HATA

波多暮らしは、売上利益の1%相当額を幡多地域のビーチクリーンや環境保護団体などに協力金として寄贈します。

 
管理者プロフィール

生産者リスト

 

幸せな香りのご飯 1袋(精米済み) ※サイズごとに価格が異なります

三原村のケイ君が真心を込めて造る香り米です

品種 さわかおり

あまりなじみのない方もいらっしゃると思いますが
高知県には「香り米」という独特のお米があります。
普通のお米に混ぜて使うのですが
ご飯を炊いているときから
「あー美味しそうなご飯が炊けてるなー」
思ってしまう良い香りがし、食べるときも独特の香りを
楽しみながらご飯がいただけるのが「香り米」の特徴です。


香り米の歴史
藤原氏北家の一流で、前関白一条教房(いちじょう のりふさ)が
応仁の乱を避ける為に一条家の領地 土佐幡多郡(現四万十市一帯)に
下向した際に持ち込まれたと言われております。


高知県の香り米の品種
ヒエリ : 日本の在来種で香り米の中では一番多くの作付け面積があります。
「土佐の香り米」として県の特産品となっています。
さわかおり : 平成7年に高知農技センターで育成された新品種の香り米です。
中山間の冷たい沢の水で育ったことから橋本大二郎知事(高知県)により“さわかおり”と命名されました。
十和錦 : 昭和32年に高知県幡多郡十和村上山岩雄さんにより発見され農家の飯米用として普及した香り米です。


香り米の特徴
炊くとポップコーンのような芳ばしい香りがします。
お釜で炊いた香りと表現されることもあります。
香り米は独特の強い香りをもつ米の総称で、東南アジアやインドなど世界で親しまれている米です。


香り米の食べ方
普段お使いのお米に、10%ほど混ぜて、お使いください。洗米、炊き方は、いつもと同じお米の炊き方でけっこうです。『さわかおり』は、10%〜100%までご使用いただけます。お好みに応じて混米量を調整してください。四万十川上流域では『さわかおり』100%で食べられる方も多いようです。
カレーや、エスニック料理、味の濃い丼物として食べるお米としてもおすすめです。


産地 :高知県三原村
品種 :香り米(さわかおり)
産年 :26年
内容量:1kg
    専用袋入り


販売価格(税抜)
1kg  800円
5kg  3000円
10kg 6000円



大変お待たせしました
平成26年度香り米
収穫も無事終わりました。


害獣被害や台風の影響により
収穫量は大変少ない為
数量限定販売となります。


平成26年10月16日
ご好評に付き本年度の東さんの
かおり米は販売終了いたしました。

ありがとうございました。

平成27年度新米をお楽しみに!!!

 
幸せな香りのご飯 1袋(精米済み) ※サイズごとに価格が異なります
販売価格

800円(税抜)

在庫数 売り切れ中
サイズ

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける