1% for HATA

波多暮らしは、売上利益の1%相当額を幡多地域のビーチクリーンや環境保護団体などに協力金として寄贈します。

 
管理者プロフィール

生産者リスト

 

さとうきびの手漉きカレンダー 2014


『米や野菜を作りながら原料も田畑の中で育て
“廃棄物になる部分で紙を漉く”ということは
江戸時代まで当たり前にあったことです。』






Q 紙とは何だと思いますか?

A 紙は、衣食住と同じ。
  キーワードだと思っています。
  暮らしは常に循環していますよね。

  

Q どんな気持ちで漉いていますか?

A それ、結構期待されちゃうんだけど(笑)
  一言で言えば、無心・・・ですね。
  フラットな状態(平常心)でいないと
  良い紙は漉くことができません。
  食べる・寝る・運動の三大欲求と
  上手に付き合うことが大切なんです。



Q お住まいの地域(黒潮町大方)は
  どんなところだと思いますか?

A 海が近い。山も近い。川もある。
  お米もおいしくって(笑)
  私にとってはリゾートですね。



Q 今後の目標を教えてください。

A 何十年と紙を漉いていても
  本当に満足できる紙は数枚です。
  ですから、たくさん漉いて研究をして
  上手になりたい。技術を向上させたい。
  その言葉に尽きます。






  
■ 黒潮町さとうきびのカレンダー 詳細

中嶋さんの暮らす幡多郡黒潮町大方
「人が元気、自然が元気、地域が元気」
を合い言葉に、かつて盛んに行われていた
さとうきび栽培の復活に力を入れています。

無農薬で栽培されたさとうきびを搾り
昔ながらの製法で作られた黒糖は
安心でおいしいと評判があります。

しかし、絞りカスは廃棄物となり
捨てる(持ち出す)ことになります。

『廃棄物で和紙を作れば
循環できるクラフトになる』

これが、さとうきび和紙作り
きっかけだそうです。

さとうきび畑に面した海へ
流れ付いた流木が
そっと本体を支えています。

リビングをカジュアルな雰囲気に。
また、ギフトにもどうぞ。



−サイズ−

 幅 :約200mm
奥行き:約60mm
高 さ:約125mm




天然和紙の手書き暦2014はこちら
天然土佐和紙の行燈はこちら
 
さとうきびの手漉きカレンダー 2014
販売価格

2,500円(税抜)

在庫数 売り切れ中

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける